2020年07月23日

老犬の十戒

老犬の十戒

1. 私の余生はもう何年もありません
  だから少しでも一緒に居たい。
  目も耳も悪くなってしまったので、
  全身であなたを感じさせてください。


2. 私はもう
  あなたが望むようには出来ないかもしれませんが
  許してください。


3. 私を撫でて抱いてください。
  それだけで私は幸せです。


4. 思い通りにできない私を
  叱ったり叩いたりしないでください。
  あなたには何でも出来ても、
  もう私にできることは少ないのです。


5. 沢山声をかけてください。
  言葉の意味はわからなくても、
  あなたが悲しいか、楽しそうなのかはわかります。


6. あなたが私にしてくれたことは決して忘れません。


7. 私を叩きたくなることがあるかもしれません。
  でも私はあなたのその手で叩かれると、
  とても悲しくなります。
  いつも私を暖かく包み込んでくれたのが、
  あなたのその手だからです。


8. わがままになってしまったと叱る前に、
  今の私の状況に私も困惑しているのだということを
  わかってください。
  私も本当はあなたを困らせたくはないのです。


9. 老いた私をどうか最期まで大事にしてください。
  あなたにも平等に老いはくるのです。


10. できればいつも一緒にいてください。
  私はあなたの温もりと匂いと記憶を抱えて
  空に旅立ちたいのです。






ネロちがお空に旅立ってから
ひと月経ちました。


ネロちの使っていたものの片付けも終わって
部屋のレイアウトを替えたりしています。



仕事はフリーでしているから
コロナのこともあるので休業したままだし

家事もゆるっとしていて
スーパーに行くくらいの
セルフ・ステイホームを継続中。


ストレスなんて無いはずなのに

何年ぶり?
いや、何十年ぶり?
ってくらい久々に口唇ヘルペスができてしまって(笑)


あ、
まだ悲しいんだ、私。


って
今は自分を甘やかしてます。
(いつもだろ!)





ネロちにはもっとしてあげられることがあったんじゃないか
って思っていたけど


少しずつスマホの画像を整理したりしていて

病院に通っているところとか

「今日はご飯食べたよ。」
ってやつ次郎さんにLINEで送った画像とか

病院で先生に報告する
フードとかお薬の画像がたくさんあって


「私、結構ネロちのお世話を頑張ってたんだな。」
って思えるようになってきました。


もっともっとできることはあったかもしれないけど

老犬の十戒は守れていたよね?
ネロち。


150410c.jpg






まだまだワンコの居ない生活には慣れなくって

ワンコ不足で

道ですれ違うお散歩ワンコさんを
「可愛いぃぃぃぃぃ♡」と
ニヤっと笑いながら見てしまう

怪しいオバさんです(笑)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: