2015年03月23日

縫合糸反応性肉芽腫 その後

以前、ネロちの縫合糸反応性肉芽腫(縫合糸のアレルギー)の
その後についてコメントをいただいていました。





幸い、記事にしている2008年を最後に免疫抑制剤の投与を終え
再発もしていません。




熱っぽくてぐったりしていたネロち。

今ではあの頃がウソのように、元気にパトロールしてます。


150323a.jpg




犬 ダックス 病気 血豆 縫合糸 アレルギー…などの
キーワード検索でこちらに来られる方も多いようで
悩まれている方も多いようです。



当時はかかっていた獣医さんも原因が分からず
辛い想いをしたし
何よりネロち本人が不安だったはず。



去勢手術で体内に残った縫合糸は
除去手術ですべて取り除けたわけではありませんが
手術と免疫抑制剤で症状を抑えることができました。



同じ病気の子に同じ治療法が有効かはわからないし
現在はもっと有効なお薬が開発されているかもしれませんが
元気に回復したネロがいることを
可能性の一つとして知っていただけたらと思います。




パトロール後、お疲れのネロち。

150323b.jpg


5か月の頃と同じです ( *´艸`)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック