2015年03月09日

子宮蓄膿症


150309a.jpg

週末は天気が良かったので、公園でパトロール!



150309b.jpg

まずは池の周りを4ワンで1周。





4ワンともシニアなんだけど(汗

150309c.jpg

とくにシニアのロイとちぃをカートに回収して
もう1周 (*^^*)

小さいちぃにはカートのフチが高いみたい(笑
底上げしないとね( *´艸`)




さて、そんなちぃたん。
2月にまた血尿が出て

150309d.jpg

再び子宮蓄膿症の診断。

抗生剤で落ち着いたけど
やっぱり手術が必要かなぁ…

乳腺にしこりもたくさんあるし。



150309e.jpg

お薬で症状も止まったちぃたん。

食欲もあるし
楽しそうに散歩してくれたので、とりあえずは安心。





この記事へのコメント
保護活動の中で子宮蓄膿症のことも幾度か見てきました。摘出されたひどい状態の子宮も…。

乳腺腫瘍も…知り合いのわんこさんで、糖尿病で手術が乳腺腫瘍の手術ができなかった子も、後年、腫瘍が大きくなり破れてしまって大変でした。http://sakuracoco015.blog.fc2.com/blog-entry-189.html

シニアだしやはり麻酔は心配で、お医者様の判断に任せるしかないのでしょうけど、手術できるといいですね。
Posted by hibari at 2015年03月11日 22:24
**hibariさん**
そうなんですよね…。乳腺の腫瘍も破裂が心配なんdねす…。
でも左右の乳腺、子宮の摘出となると大手術になるので
年齢のことも考えて内科的治療でどうにかならないかと考えてます。
とにかく本人が痛みを感じないように!
Posted by J at 2015年03月23日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック