2013年03月26日

外科的治療 or 内科的治療

昨日のネロちははなかなか元気。

手術に向け、切除した筋肉がくっつきにくくなるので
ステロイドをストップ。
ステロイドをやめてもまだ成分が体に残っているのか
副作用のパンティング(呼吸が荒くなる)的なものがおきています。



ただ、寝ているときは普通に呼吸しているそうなので
ストレスからかもしれません。






今日のネロちはとっても元気!

なんと、昨日まではまったく変化のなかった脚が
すこーーーーーし動くんです!

絶対安静なので、あまり動かせられず
動いたように見えただけかもしれないけど…


先生からも
「内科的治療だけで回復の兆しが見えてるし
縫合糸のアレルギーも心配なので、手術はせずに
お薬だけで様子をみてもいかも。」
とのこと。



130326a.jpg

ネロちーーーーーー!!



手術をしなければ圧迫されている部分を取り除けずに
根本的治療にはなりません。

再発のリスクも高くなるかもしれないけど
手術の予定日まで経過を見て決めていきたいと思います。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック