2006年03月07日

ヘルニア検査

ロイさんが歩かなくなりました。


土曜は普通にお散歩して帰宅したのですが
日曜、公園でまったく歩かなく(歩けなく)なったのです。


予兆はありました。

2月の中旬頃から、
ネロに乗られては「キャン!」
ベッドから飛び降りて「キャン!」
抱っこされている体勢から床に降りると「キャン!」
悲鳴が続いていたので、病院へ行きました。

その時、病院へ行き、
触診で骨、神経を見てもらったのですが
症状は治まっており「経過を見ましょう。」
とのことでした。


そしてこの日曜。
いつもスキップするように小走りする
ロイさんが固まって動かないのです。。。


病院へ行き、同じく触診で見てもらうと
両方の後ろ足の関節が外れかけてました。
ダックスは骨の溝が浅く、外れやすい犬種とのこと。


そして、どこが痛くて悲鳴をあげているのか、
歩かないのか分からなかったので、
ヘルニアについても聞いてみました。
(今回も触診では足も腰も痛がらないんですよねぇ。。。)

そして足、腰とレントゲンを撮ると。。。
背骨の骨と骨の間が石灰化していました。
今は平気でもゆくゆくはその石灰化している部分が
神経を圧迫し、ヘルニアに至る可能性があります。


いつもの病院では設備がないとのことで
県内唯一、MRIのある病院を紹介してもらい
土曜日に行くことになりました。


その後、公園から帰宅して
家では普通に歩いています。
今日は痛み止めの薬を飲んでいるので
極悪ネロと互角にバトルを繰り広げ、
「ボール投げろ!」と要求してます。

でも、それはしばらく我慢してほしいのだよ、ロイくん。


我が家ではリビングのソファも撤去、
近々、ベッドも解体して廃棄予定。
バリアフリー化です。
ボールもしばらくはお預け。


ワンコには
やっぱり元気でいてほしいものです。


MRIを撮るには全身麻酔が必要。

ガンバレ、ロイちん!
この記事へのコメント
…絶句しています。
何ともいえません。Jさん、ロイくん、がんばってください。
Posted by ラライス at 2006年03月08日 08:40
今読んでとても驚きました。
ダックスはヘルニアに一番注意しなければいけませんもんね。
ロイ君、痛くて長い戦いになりそうだけど頑張るんだよ!
Jさんもこれから大変だとは思いますが、ロイ君が完全ヘルニアにはならず、一日でも早く完治するように頑張ってくださいね。
全身麻酔も怖いですが、いつもの元気なロイ君ならきっと頑張ってくれるはずですね。
うちのミックも昨日から具合が悪くなっているので心配です。こちらはたいした事はないと思うのですが・・。
ロイ君の吉報を待ってます〜。
Posted by まめ at 2006年03月08日 09:23
ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
ロイさん。。。
やっぱりダックスは関節が弱いんですね。
コータはまだ1歳未満だけど散歩や遊びの中で大丈夫かな??って心配することがたま〜にあります。
ジャンピングはしょっちゅうするし、床はフローリングだし。
今回のロイさんの件で私も深刻に考えていかなきゃと思いました。
MRIで全身麻酔が必要だなんてかなり驚きました。
ロイさん!応援してるからね!!
Jさんもあまり心配しずぎないようにって言っても無理だろうけど、体には気をつけて下さいね!
Posted by mamirry at 2006年03月08日 10:11
Jさん、こんにちわ。
すごく驚いています。
こんな時、言葉を使ってくれたらどんなに良いだろうと考えてしまいますよね。

ソファーの撤去や、ベットの解体
Jさんのすばやい対応が、ロイさんの早い回復につながるといいですね。

がんばれロイさん!!
Posted by michiru at 2006年03月08日 10:22
Jさん、お久しぶりです。
ヘルニアはMダックス飼う者にとって、常に心の片隅にひっかかる病気ですよね・・・
ロイくん、早くなおるといいなぁ〜。
ロイたん、Jさん、頑張ってくださいねー!!
Posted by ハイテクフラワー at 2006年03月08日 10:34
心配です。
外れかけていた後ろ足の関節は元へ戻すことが出来たのですか?
ヘルニアに至る「可能性」がある。
であって絶対になるというわけではないんですよね?
MRIは動いてはならないから全身麻酔が必要なんですね。
ロイさん 大変だけど頑張れ!!
大事に至らないとよいです。
そして良い完治方が見つかるといいですね。

Posted by 毬栗 at 2006年03月08日 14:13
Jさん、ロイくん、日記を読んで驚きました。
犬種ともともとの体質とかあるんでしょうか。
とにかく、一日も早く健康体に戻ることを祈ってます。。
彼らは口にしてココが痛いとか言えないから余計に胸が痛かったりします。。
ガンバッテクダサイ!応援しています!
Posted by Ma. at 2006年03月08日 19:16
ロイさんに応援のコメント、ありがとうございます!!!!

**ラライスさん**
なんとも切ない気持ちです。。。
カールくん、クッキーくんは高いところから飛び降りちゃダメだよ!

**まめさん**
ワンコが病気すると本当に「喋って教えてくれたらなぁ。」
って思いますね。
お互い、しばらくは心配ですが、がんばりましょうね。

**mamirryさん**
コータくん宅もフローリングなんですねー。
我が家もフローリング、ソファーからのジャンプ、
二本足で立つ...等、原因満載な生活を反省しています(涙

**michiruさん**
私もいつかこの日が来るかも。とは思っていましたが
こんなに早く来るとは。。。
ほんと、ワンコが話てくれたら、心配も減りますよね。

**ハイテクフラワーさん**
そうそう、ダックス飼いには永遠に付きまとう心配ですよね。
おいもちゃんはオットリしてそうだから、
ロイネロにも見習ってほしいものです。

**毬栗さん**
外れかけの関節は元に戻しても、すぐに外れてしまうそうです(涙
ヘルニアは可能性があるだけで確実になることはないようです。
ただ、病院で聞いたのですが、同じ状況だったダックスの子が
石灰化がわかった翌日からまったく歩けなくなった子がいたそうです。
ロイさんは爆弾を抱えている状態のようです。

**Ma.さん**
純血種は犬種によってなりやすい病気があります。
ダックスは腰が一番弱いようです。
犬も猫も喋ってくれないですものね、
あの歩けなくなった時のロイの寂しそうな顔は
一生忘れられないと思います。
また思いっきり走れるようになるまでがんばります!
Posted by J at 2006年03月09日 00:00
あぁなんてこと・・・。
普段から気を付けてても、なるときにはなるのでしょう。
我慢をしているロイさんを見るJさんが一番辛いかもですが、ロイさんには頑張ってよくなって貰いましょうっ!!
(うちの茶色いのも、後ろ足の膝蓋骨が外れやすくなっていて要注意なのです・・)
Jさん&ロイくんっ!遠い空から応援してますよ〜。頑張ってっ!!
Posted by むぎゅずまま at 2006年03月09日 13:06
ロイ君調子はどうですか?
うちものんを迎えた時、ソファ&ベッドは撤去しました 元々カーペット派なんですが、以前先生に「どんなに気をつけていてもなる時はなる」って言われました・・Jさん辛いだろうけど、ロイ君と一緒に頑張ってくださいね!応援してます!(>_<)
Posted by miwa at 2006年03月17日 21:21
ロイさん大丈夫ですか。我が家がミニチュアダックスを飼い始めて6年、ロン(オス6歳)がどうもヘルニアのようで散歩中急に歩けなくなってしまいました。お医者さんは手術が必要とおっしゃるのですが、メスを入れずに治せないものでしょうか。ロイさんのこと人事ではありません。あの情けなそうな眼で何か訴えてるんだと思うとたまりません。
Posted by misumarimo at 2006年03月25日 15:58
**むぎゅずままさん**
あらま。お宅の茶色いお坊ちゃまも外れやすいのですね。
どうやって注意したら良いのかしら〜?
応援、どもです!がんばります!

**miwaさん**
あぁ、やはり高さのある家具は撤去されたのですね。
私も「いつかは捨てないと。でもまだ使えるし。」と
先延ばしにしていたのを後悔しています。
いろいろ対策を考えて実践していこうとしているので
アドバイスをお願いします!

**misumarimoさん**
コメント遅くなってゴメンなさい!
ロンくん、大丈夫でしょうか?
あの悲しそうな目をされると本当につらいですよねぇ。。。
このブログを読んだお友達から、知り合いのワンコさんが
ヘルニアをレーザーで治療したと教えてもらいました。
来週、ロイのMRIを撮りにいくので病院で聞いてみますね。
Posted by J at 2006年04月01日 19:46
ロイさんの具合はいかがですか?うちのロンが腰を痛めたのが三月二十二日でした。そして、ロイさんのことを知って、お便りしたのが二十五日でした。あれから知り合いに紹介してもらったお医者さんへ片道一時間半かけて一週間通いました。点滴の毎日でした。そして今ロンは、一応普通に歩いてます。少し右後ろ足がぎこちないようですけど。肉球をあんなにきつくつねってもピクっともしなかった事を思うと嘘のようです。この事は治療をしてくださった先生もビックリされたようです。きっと元々症状が軽かったのかもしれませんが、あんな思いは二度としたくありません。これまで、ロンにとっての生活環境や、姿勢など、皆さんのようにはあんまり意識してこなかったのが正直なところです。これからは皆さんのお話を参考に是正していきたいと思います。ロイさんのご回復をお祈りします。コメントありがとうございました。
Posted by misumarimo at 2006年04月12日 00:30
**misumarimoさん**
ロンちゃん、快方に向かっているようでとても安心しました^^
私もヘルニアはなる子はなるけど、うちの子は大丈夫だろう。
と根拠の無い自信がありました。
迎え入れる時から不安材料(背の高い家具など)は取り去るべきだたんですね。。。
今のところはいつもの病院で温灸と鍼を試してみようと思っているのですが
体質によって何が効果あるのかは分からないとのことで
ロンちゃんと同じように点滴も試すことになるかもしれません。
私も、あの悲しそうな目は二度と見たくありませんもの。。。
またお話を聞かせてくださいね!
Posted by J at 2006年04月12日 02:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14400322
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック