2008年07月02日

縫合糸反応性肉芽腫 経過5/23-7/2

お次はネロち。


ネロの病状は一進一退で血豆ができたり消えたり。
薬を飲み続けています。


5月23日
ロイが入院して不安のため、1日中サークルの中を歩き回り
ほえ続ける。
ライブカメラを見ると、いつの間にかサークルをよじ登り、脱走。
怪我したらどーするの!

5月25日
ネロちのボディーチェックをしていると
右前足の肉球に結節のようなものを発見。
アレルギーのせい?
一番おそれていた縫合糸反応性肉芽種による結節?
ロイの見舞いついでに病院へ。
結節らしきものを見てもらうが、原因不明。
腫れにも見えるし、結節にも見える。


5月26日
サークルから脱走すると、怪我をする恐れがあるので
今日はリビングに野放しに。
何よりも嫌いな”一人ぼっち”でイタズラする余裕も無いだろうw
ライブカメラを覗いていると
玄関に一番近いドアの前で反復横飛びを永遠に続けるネロ。

080530a.JPG

飛んでるよw

結節らしきものは左前足にも出現(涙



その後ロイちんの退院まで反復横飛びを続け...
体重が800gも減りましたw


ロイが居ると安心するようで
昼間の留守番中もぐっすり寝てます。

で、結節疑惑のあった前足は、徐々に消えていきました。
結節ではなく、反復横飛びのしすぎで
足にタコが出来たみたいです  (* ̄m ̄)プッ
徐々に消えていきました。

免疫抑制剤も効き目がないかと心配しましたが
なんとか症状は抑えられているようです。


この記事へのコメント
ネロさんは、悪い方に進展していないようなので、
とりあえず安心しました。
お薬が効いているようですね。
このまま改善されることを願っています。

それと、すみません、足のタコ、不謹慎にも笑ってしまいました(笑)
Jさんにとっては、笑い事ではないくらいご心配されたことなのに、
ホントすんまへん(泣)

疑惑が晴れてよかったですね!反復横飛びとは!!
体重が800gも減少して、更にタコまでつくっちゃうなんて、
ネロさん、よほどの回数をしていた模様ですね。

やっぱりロイさんは、頼りになる兄ちゃんですよね!!
Posted by bun at 2008年07月03日 10:11
んーっ
薬が効いてるようでネロさんに合ったのかな?少し安心して読みましたがっ^^;
反復横飛びで800gってすごいダイエットですっ(涙
こーいうとき多頭飼いならではの悩みですね〜いつもいっしょだから1匹入院されちゃうとうちなんかもゴミ箱の中まで探してますから・・・
2匹ゆったりまったりで昼寝してる姿が一番だね。



あっあたしも反復横飛びしようかな?
Posted by CBまま at 2008年07月03日 20:02
ネロちゃん..一進一退...
免疫抑制剤の副作用(ゲボ..etc)の壁は
ネロちゃん大丈夫だったんですね!?

元気な反復飛び^^
ネロ元気とのことで安心しました。

追伸 CRPは測られていますか!?

Posted by きょんさん at 2008年07月04日 22:16
スイマセン^^:
人様のお子を呼び捨てしてるぅ〜〜...

シツレイいたしました。
ネロ王子さま*^^*

Posted by きょんさん at 2008年07月04日 22:18
**bunさん**
タコ、笑えるでしょw
結節ではなくてタコで良かったです。
お留守番も長いと13時間ほどになるので、
その間中、ずっとやってたんです。
どんなダイエットより効きますよね(笑)

**CBままさん**
犬って群れの動物なんですよねー、こういう時に思います。
反復横とびオススメですよー。13時間耐久w
ビリーより効きます!

**きょんさん**
嘔吐は今でもたまにあるんです。
でも薬も今は5日に1回まで減らしています^^
CRPはたまに測りますが、今のところ異常ナシです!
ネロ王子って...w ネロ怪獣です。

Posted by J at 2008年07月08日 00:10
ネロち。。。分離不安ですねー。いや。人間に対してではなくロイさんに対して(笑)
きっと、うちのゆずもそんな感じだと思う。。
今はロイさんがいてくれて落ち着いてるんだね。症状も落ち着いてるようでなによりだよ〜^^
Posted by むぎゅずまま at 2008年07月09日 14:02
うわ〜
ご無沙汰している間に、いろいろと大変だったんですねぇ
ロイさんもネロちも、少しずつでも良くなって欲しいです

皆さんコメントされてますが、
反復横飛び!
そうかぁ、そんなダイエット方法があったかぁ^^
Posted by ひちゃママ at 2008年07月10日 15:18
お久し振りです^^
どきどきどきどきしながら読みました。

人間だったら「痛い〜〜っ!!」って叫べれば少しは軽減されるような気がするけどわんこは表現できないからなお痛々しいですよね・・・
ロイくんの痛みが早くなくなりますように。

ネロちは甘えんぼだからホントに寂しいですね
結節疑惑に涙しそうになりました…
タコで良かったです 
Posted by ゆん at 2008年07月21日 10:14
**ひちゃママさん**
こんにちは!お返事遅くなってゴメンなさいっ!
反復横とび、耐久十数時間ですからね...
そりゃ痩せるはずです。見習わなくては!

**ゆんさん**
お久振りです!
私たちはグチれるから気もまぎれるでしょうけど...
ワンコは訴えることも出来ないですものね(涙)
ネロちのタコはすっかり消えてなくなりました。
これお兄弟愛?
Posted by J at 2008年07月21日 20:26
はじめましてこんにちは
縫合糸のことで検索していてこちらにたどり着きました。

過去まで読み返してみましたが現在は落ち着かれているようで、本当に良かったです
でも他の外科手術の選択肢がなくなるというのは安心できないところですね

免疫抑制剤に移行していったのことですが
現在もステロイドや免疫抑制剤は服用されているのでしょうか??
外科手術で取りきれなかった部分の炎症は内科療法で落ち着いたのでしょうか?

途中で経過が切れていたのでもしよろしければ教えていただけると嬉しいです

というのも私も現在愛犬が同じ症状で糸を取る手術などをうけ、主治医の反対もありステロイドは飲ます経過観察中です

愛犬の様子に一喜一憂する毎日です

2007年の最後の経過報告以降どうなっていったのか教えていただけるとうれしいです
よろしくお願いいたします(^^)
Posted by みる at 2014年10月31日 10:49
**みるさん**
はじめまして。
みるさんのワンちゃんも縫合糸の肉芽腫があるんですね…心配ですよね。私も心が千切れそうな辛い毎日だったのでお気持ちお察しします。

幸い、最後に記事にしている2008年を最後に免疫抑制剤の服用は終わり
そのまま症状も落ち着いています。
2014年11月まで、残っている糸の部分も再発はしていません。元気に散歩しています。

主治医の所だけでは不安だったので、セカンドオピニオンを求めて評判の良い別の病院でも診てもらいました。
同じ治療法(免疫抑制剤の投与)を薦められたので、通院しやすい元の主治医のところへ通い続けました。
信頼されている先生でしたら問題ないと思いますが、お話を聞くだけでも他の先生に診てもらうのも良いかもしれませんよ。

全ての縫合糸アレルギーを持った犬に同じ治療法が有効かはわからないけど
少なくともネロの場合は除去手術(全部は取りきれてない)と、免疫抑制剤の投与が終了してから6年間は再発していません。

縫合糸アレルギーを克服したワンコもいるんです!
みるさんも諦めずにワンちゃんを見守ってあげてくださいね。みるさんが一番の味方なんだから!

実は今ちょっと時間が取れないので(汗)コメントしかできなかったけど
私も、縫合糸の件はまとめないといけないなーと思っていたんです。なるべく早く記事にしますね。

みるさんもワンちゃんも、頑張って!!!





Posted by J at 2014年11月01日 01:25
こんばんは(^O^)
ご返信ありがとうございます!

あれから再発なしで暮らしておられるのですね
本当に本当になによりです。

縫合糸アレルギー関連の記事やブログなど片っ端から読んだのですが
わりと再発や免疫抑制剤、ステロイドの長期服用が続いている子が多いようだったので
ネロちゃんのように早期にうまく脱ステロイド、免疫抑制剤が出来たという事実は凄く希望に感じます。

うちのわんこも糸は除去し、もうしこりなどは出来ていないのですがなぜか一部だけ皮膚がずっと赤いのです。
避妊手術などではなく足の骨折だったため
炎症部が浅く症状は軽いのかもしれません。

今まで縫合糸アレルギーに詳しい方含め4人の先生に見ていただき三人の方にはステロイドは反対されています。
ネロちゃんのようにしこりや破裂などの目に見て取れる再発出ていないので、今の状態で予防でステロイドは飲むのはまだ一歳半のわんこなので良くないとのことでした。

傷も治って入るのですが、本人がまだ不意に舐めようとしたり縫合部が一部赤いのが先生方も謎なようです。
でも赤みもでたり引いたりで赤み以上のことは起きません。

来週体質改善で漢方を得意とした病院に診察に行く予定です。

ネロちゃんのその後がとても気になっていたので、
今の良い状態がしれて本当に良かったです。
Posted by みる at 2014年11月01日 18:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102015651
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック