2019年01月18日

今年もよろしく2019

190118a.jpg


あけましておめでとうございます。


190118b.jpg

わが家の年末は今年も自宅でまったり。
ネロちも元気。
恒例の年末のお寿司、年越しそば、フレンチのおせち。



一つ違ったのは、年を越した家が違うこと!
そう、引っ越ししました。


前の家は、日当りバツグン、風通しも眺望も良好でとーっても気に入ってて
終の棲家と思っていたんだけど。
人生何が起こるかわかりませんな。




とは言え
前の家よりも広くなった自宅から緑豊かな公園を臨める贅沢な毎日になりました♪

ネロちもせっせとお散歩しとります( *´艸`)


190118c.jpg

初詣に行った神社ではお餅を買ったんだけど

190118d.jpg
ネロちにパクっといかれそうに(笑)



新居は
ペットドアがなかったり、収納棚の追加工事があったりで
まだ片付いてないんだけど
ネロちも家に慣れてみんな元気にしてます。


190118e.jpg

今年もよろしく☆










2018年12月26日

ちぃたんとお別れ

181228a.jpg

すっかりご無沙汰してしまったけど

ちぃたんの火葬、最期のお別れも
今年の想い出は今年のうちに!と記録しておきます。



181228b.jpg

チョコもロイも歳の数だけお花を入れてあげてたんだけど
ちぃたんの時は配達でお花をお願いしたら
お花屋さんが気を利かせて多めに入れてくれました。

「あたち、そんなに歳じゃないわよー」
と怒っていたかも( *´艸`)

ちぃたんも好きだったヨーグルト、プリン、お芋たん、シュークリーム
お気に入りだった洋服やパトロール隊のユニフォーム
車椅子で使っていたアゴ置きの枕や毛布
たくさんお空に持って行きました。


チョコとちぃたんに「ちょっとだけだよ~」と
初めてシュークリームをあげた時の
「何???このおいしいの!」
って目を輝かせたのを思い出します。



181228c.jpg

なぜかね
ネロは火葬場でワンワン吠えてました。
ネロはチョコもロイちんも見送ってこれで3度目。
何か感じるものがあったんだろうなぁ。



火葬が終わって
とーっても小さなお骨になって戻ってきました。


わが家はペット霊園に入れず家にお骨を保管してるんだけど
ロイ=Lサイズ
チョコ=Mサイズ
ちぃたん=Sサイズ
と大中小で仲良く並んでいます。


ちぃたんは4か月も車椅子で寝たきりだったから
すこしずつ心の準備ができていたけど
やっぱり火葬が済むと心の整理がだいぶつきました。


あんなに小さかったちぃたんなのにリビングが広く感じるなんてね。

181228d.jpg

まだ元気だった1年前。
こんな風にお昼寝してる姿を見るのが大好きでした。

ロイちんやチョコともひだまりでお昼寝してね(*^^*)
















2018年10月03日

ちぃたんタイマー

ちぃたんが虹の橋を渡りました。
9月26日午前1時半頃。


181003a.jpg


1時半ってわが家では「ちぃたんタイマー」の呼び出し時間。

わが家の就寝時間はだいたい1時半。
ぴったりこの時間になるとリビングで寝ていてもむくっと起きて
書斎で夜更かししているやつ次郎さんを呼びに行くんです。

「わん!(もうお布団行くわよっ!)」と一喝。

「わかった~、寝よか。」とやつ次郎さんが席を立つと
本当にうれしそうに廊下をぴょんぴょんと跳ねながらお布団に誘導するんです。

それがめっちめちゃ可愛くって。
わざわざ呼びに来るのを待って夜更かししたものです(笑)

最期も
「アタチ、もう逝くわよっ!」
と1時半に旅立ったのでしょう。

みんなに見守られながらのお別れでした。






「ちぃたん、また歩けるようになるんちゃう?」
って言うくらい前日まで右肩あがりにめっちゃ元気で。


9月25日
早朝から痛みを訴える鳴き声で起こされました。


その後やつ次郎さんの出勤前に発作があり
日中は座薬を入れても何度も小さな発作を起こしていたので
お別れが近いことを悟りました。


181003c.jpg
発作と発作の間に撮ったちぃたんのラストショット





やつ次郎さんの帰宅までなんとか頑張ってくれて。


最後は呼吸が浅くなり回数も少なくなっていく中
急に覚悟を決めたような強い目であたりを一周見回しました。

そして首をパタンと下げ

「あ、逝っちゃたかな…?」とお父ちゃんと二人とも目を見合せた瞬間に
絶妙なタイミングで「うごっ!」と息を吹き返したりして。

「ちぃたん、コントやん、新喜劇やん(笑)」

と泣き笑いしている間に、静かに息を引き取りました。

最期の最期までやっぱりちぃたんでした(´ᴥ`)





181003b.jpg
必殺技の「こてんちゃん」


わが家に来た時はチョコとともにすでに11歳。

「わが家に来てもらっても2,3ヶ月くらいしか一緒に居られないかも‥‥」
と思うくらい健康状態が良くなく
すぐに手術を薦められたけど体重が足りずに受けられなくって。

140702a.jpg



それくらい痩せっぽっちだったのに、ぽってりするくらいまで健康になりました。


160211a.jpg
左右の乳腺摘出、子宮摘出の大きな手術にも耐えてくれて
4年も一緒に暮らしてくれました。



介護も4か月たっぷりさせてもらい
大きな発作から2度も復活。

亡くなってからはオシッコやうんぽーこも私が絞り出して
耳や口、お尻にもコットンを詰め込んで火葬までの処置もできるようになったよ。

お薬にも詳しくなってもうすぐ獣医さんになれるんじゃないかな(笑)




「16歳まで頑張ろうね。
お誕生日過ぎたら、ちぃたんのタイミングでもう頑張らなくてもいいよ。」
と言っていたんです。

16歳と6日まで頑張ってくれて。

これからちょっと我が家はバタバタするイベントが入っていて
ちぃたんもタイミングを見計らって虹の橋を渡ったようです。






ロイさん、チョコともう再会できたかな?
何度も虹の橋を渡りかけたので(笑)道順はわかってるよね。


181003d.jpg

たくさんの笑いと幸せをくれたちぃたん。
本当にありがとう。